子育てで気をつけること

年代別の子育て法

子育ての方法はいつでも常に一緒という訳ではなく、年代別によっても変わってきます。新生児の場合には1日の多くは寝ている状態ですし、起きていれば泣いているという状態が続くのが特徴なので、基本的に抱いているか別途に寝かせていることが多くなります。 抱いている時にも注意する点があるのですが、新生児は頭が重い状態になっているので、横向きに抱きかかえるのが基本です。しかし、半年前後経ってくると、赤ちゃんは自分で動き回るようになってくるので、寝ている時間帯も減ってきますし、抱いていなければいけない状態も減ってきます。

また、生まれたばかりの新生児では食事も母乳が基本となるのに対して、生後半年も経てば離乳食をすでに与えていなければいけない状態なので、注意しなければいけないことも大きく変わってくるため、この年代ではここに注意するという点をしっかりと把握しておくことが大切です。

子育てというのは子供が成人して大人になるまで続けなければいけませんので、小さな赤ちゃんの内は2ヵ月を目安に注意点や子育ての方法が変わってきます。1歳を過ぎて3歳までは、1年を目安に注意点や子育ての方法が変わってくるので、幼稚園に入園する時期まではかなり神経を使って子育てを行うものの、この年代が最も子供がかわいく見える時期と言えます。 問題は小学校に入学してからであり、この年代になってくると個性も出てきますし、性格なども色々と変化してくるため、今までとは全く変わってしまう子育てに戸惑うこともあるでしょう。

○注目サイト
子育てを支援する情報などが紹介されているサイトです >> 子育て支援

子供から目を離さない

子育てをする上で注意するべき点が多くなっているのは、物心が付く前の状態です。大体物心が付くのは3歳ぐらいからなのですが、子育ても3歳未満と3歳以上とでは大きく変わってきます。 そこで物心が付く前の3歳未満の子育てについて紹介させていただきますが、・・・

子供が病気になったら

小さな子供は抵抗力があまりありませんので、ある程度育った子供や大人よりも病気にかかる可能性が高くなっています。では、万が一小さな子供が病気にかかった場合にはどのようにするのかと言えば、当然病院に連れて行くのが一般・・・